リフォーム業者の種類と特徴

新築、中古、戸建て、マンション問わず、「リフォーム」という言葉はよく使われます。
それに加え、最近では、「リノベーション」という言葉もよく耳にするようになってきましたが、リフォームとリノベーションは何がどう違うのでしょうか?
リフォームとは、老朽化や破損部分を建築時の状態に戻すことを言います。
住まいの修繕回復に使用されることが多く、壁紙の貼り替えや屋根・外壁の塗り替え、お風呂の入れ替えなど広範囲に亘り、マイナス部分を元に戻すという意味合いが強く、賃貸物件での入居者が退去したあとの修繕もリフォームになります。
一方、リノベーションは、既存の建物を大きく変えることを言います。
間取りを大きく変えるなど、どちらかというと注文建築に近い形で建物をよみがえらせることになり、ライフスタイルなどに合わせて住まいを作り変えるイメージです。
あえて中古物件を選び、リノベーションを施して自分好みの住まいにすることもでき、それが可能な場合、新築よりもコストを抑えられることも特徴です。
その場合は、中古の物件価格とリノベーション費用のバランスを考えることが大切です。
また、長く住み続けた家も、お子さんの年齢や家族構成、ライフスタイルによって、リフォームとリノベーションの選択肢も変わってくるでしょう。
数年ごとに最低限のリフォームを施し、お子さんが独立したなどのきっかけでリノベーションを選択するなどの方法もあります。
その家ごとに、暮らしやすさは異なりますので、リフォームとリノベーションをうまく選択して、快適な住まいにしていきましょう。

リフォームとリノベーションの特徴と違い

リフォーム工事を請け負う業者としては、主にハウスメーカー、工務店、建築事務所、リフォーム専門会社、インテリアメーカー、家具・設備メーカーなどがあります。 ほとんどが総合的なリフォームに対応していますが、メーカーなどは専門分野に特化していたり、業者ごとに異なる得意・不得意分野を確認しましょう。

リフォームの成功・失敗は業者の選択で決まる

リフォームは、依頼する箇所、範囲などによって当然価格は異なりますが、依頼先によっても費用や内容が大きく異なることがあります。 それは、得意分野が違ったり、特徴を持っているからと言えますが、リフォームには、形も定価もありません。 自分自身が、価格を含む内容にどれだけ納得できたかで、成功が決まります。

リフォームの依頼先を絞るポイント

現在、リフォーム業界には、たくさんの業者が進出してきています。 莫大な数の業者から依頼先を絞るポイントとしては、まず自分がリフォームに何を希望するかを挙げてみましょう。 コスト、安心、デザイン、柔軟性など…優先順位が決まれば、自ずとそれに強い業者に絞ることができます。

おすすめリンク

名古屋の剪定もお任せ!

今まで自分でするのが難しくなったという時に便利な名古屋の掃除業者のサービスには剪定もあります。