カードローン 総量規制

カードローンの総量規制について!

時々見かける事があるかもしれませんが、カードローンやキャッシングには一般的に総量規制と言われる規制があります!

 

これは貸金業法が改正されたことによるもので、消費者金融が利用者の返済能力を超える過剰な融資をすることで、過剰債務や多重債務になることを防いで、個人の破綻を防ぐ目的で、2010年からはじまったものです。

 

同時に以前あった違法な高金利、いわゆるグレーゾーン金利の禁止と同時に行われた改正です。この総量規制により個人が無担保で生活費などにつかえるカードローンでは全社共通で年収の1/3までしか借りれなくなりました。

 

これにより過剰融資が起きなくなり、破産などを防げると言う事になります。しかしこの総量規制にはいくつもの例外があります。まず規制の対象は消費者金融などのノンバンクに限られます。つまり銀行で独自に銀行が審査しての融資はカードローンであっても総量規制の対象外になります。

 

また消費者金融であっても今までの借り入れを一本化して返済しやすくするおまとめローンは対象外です。更にサラーリーマンなどでなく自営業者の人が、自営業者向けのカードローンを申込む場合には、一般的なカードローンとちがってやはり総量規制の対象外になります。

 

しかし一般的なカードローンでは総量規制が厳密に運用されています。またこの為に、年収を確認する必要があるので、カードローンの申し込みの際に源泉徴収表や確定進行の控えなどの収入証明書が必要になります。ただし借入額が50万円未満の場合は、省略できます。

 

総量規制は厳密なものですが、銀行カードローンを申込めばそれ以上に借り入れできる可能性があります。例えば専業主婦で自分自身は収入がない場合でも、総量規制の対象外である銀行のカードローンなら配偶者に収入があることを条件に利用できる場合が多いです。

 

また年収1/3以上の融資も条件次第で申込む事ができます。さらに自動車ローンなど対象外のローンもありますので、そういう目的のローンは専用のローンを使う事をおすすめします。