リフォームとリノベーションの特徴と違い

この記事をシェアする

大手業者の得意分野とデメリット

大手ハウスメーカーは、どちらかというと新築がメインのように感じる方もいますが、最近は、自社にリフォーム部門を立ち上げ、自社で施工した物件のメンテナンスなどを行う、新築以外のリフォームにも力を注いでいる傾向が見られます。
大手ハウスメーカーに依頼する1番のメリットは、大手のため、会社のイメージがしっかりと確立しており、安心感があると感じる方が多いようです。
その他には、新築を請け負っていることからも、設計士やデザイナーも多く、大規模なリフォームのような総合的リフォームにも強いと言えます。
リフォーム用のパンフレットがあるメーカーもありますので、施工実績や施工事例などを確認することもできます。
一方で、広告費などの工事以外にかかる経費も多いことから、リフォーム工事費が全体的に高めになる傾向もありますが、工務店や職人などに直接依頼できる場合以外にはある程度共通してこの経費はかかってきます。

工務店のここがいい!オススメな理由

リフォーム工事を行うのは職人ですが、大規模なリフォームの場合、箇所ごとに専門の職人に依頼するのは大変です。
そこで、その職人をまとめ、工事全体を統括し、完成させてくれるのが工務店です。
個々の作業は、職人がやりますが、リフォームの完成までをしっかりと責任もって行ってくれる点も安心できます。
工務店に依頼するメリットとして、「緊急時にすぐ来て対応してくれる」「営業と実際に工事する方が同じため、こちらのニーズが伝わりやすい」「無駄な人件費が無い分安くできる」などが挙げられます。
大手のハウスメーカーやリフォーム会社に依頼をしても、その会社から工務店に仕事発注するため、実際にリフォームをするのは工務店になることがほとんどです。
腕の良い職人がいる工務店を見つけ、直接依頼すれば、大手の会社を通した時の仲介手数料などが発生しないため、安く済ませることができるので、信頼できる工務店を探せるとよいでしょう。