リフォームの成功・失敗は業者の選択で決まる

この記事をシェアする

悪質業者の共通点と業者選択失敗事例

リフォームには、形がありません。
そのため、依頼する業者によって、仕上がりも値段も全く違うと言えます。
依頼先を決める際に、注意すべき業者の特徴や失敗事例を紹介しますので参考にしてみてください。
まず、打合せに時間をかけない業者は、その時点でやめましょう。
打合せは、そこに住む人のライフスタイルや家族構成などを聞き、予算の中で、可能な限り理想に近いものにできるような提案をして、依頼者側にも明確なイメージを作り上げる最も大切な過程の1つです。
その他にも、追加料金の説明やアフターサポートが不十分、トラブル対応が無責任、説明や対応がいい加減など、実際に失敗したと感じた人がこのような内容に不満を持たれています。
また、今日なら割引、お客様だけ特別などの言葉で、契約を急がせる業者は要注意です。
実際に、他でも同じように割引していて何も特別ではありません。
自分の納得したタイミングで契約することが重要です。

リフォーム業者選びで失敗しないためのコツ

リフォームをすることで、不具合が改善されたり、きれいで新しくなるのが楽しみなところが、「違うところに依頼すればよかった…」など後悔したくないですよね。
リフォームには、ふたつとして同じ工事はありませんし、定価などもありません。
依頼をする場合、リフォーム工事や設備に対する価格以外に、決して点数などには表せない依頼先の技術力、提案力、アフターサポートも含めて「リフォーム代金」としてお金を払います。
リフォーム業者の質は、上記の目には見えない部分に、どのくらい労力とコストをかけ、こだわっているかで判断ができます。
大切なポイントは、たったの2つ!
「リフォームの相場を調べ、知識として持っておくこと」「質の良い施工業者を選ぶこと」です。
リフォームの成功・失敗は、業者選びでほとんどが決まります。
後悔しないためには、この2点を抑え、納得できるリフォーム会社を選ぶことがリフォームを成功させる鍵となります。